〈参考図面〉

〈参考図面〉

こちらのパイプ加工品は、スチール(鉄)を用いた、工業用ホース金具の部品です。
写真にあるように、Φ63.5のパイプの大きさに対して、30×100という大きめの長穴加工が放射状に3か所必要な加工品となっています。
このような加工は一般的に、金型を用いたプレス加工により行われますが、歪み・バリが発生し、形がゆがむことがあります。
また、プレスによる加工では、位置精度を保つことが難しく、品質不良が起きた場合には、金型の取り替え工程も発生するので、非常に時間がかかってしまいます。
さらに、今回の加工品に関していえば、いわゆる小ロット品であり、リピートは頂いていますが、一回で行う加工数としては少なく、プレスへの金型脱着時間を考慮するとコスト面で十分なメリットを提供することは難しいと言えます。

そこで、当社では、パイプレーザー機による穴加工を推奨することで、上記のプレス機によるデメリットをカバーした加工が可能となりました。
例えば、40個の製作であれば、レーザーで加工を行うと30分での加工が可能となります。
今回、ご紹介したように小~中ロットのパイプ材への加工では、パイプ加工専門メーカーに依頼することで加工コストを抑えることが可能です。

パイプ加工でお困りの際には、パイプ加工・溶接.comにお任せください。

事例No003
事例名ホース金具
用途ホース金具
加工特徴
寸法φ63.5xt2.0x155L
ロット数40
工期材料納入後4日